魅力的な声って。。。

最近、NHKのドラマ10で、朗読をテーマにしたドラマがやっている。



NHKドラマ初主演の竹野内豊もいいけれど、片桐はいりや麻生久美子、柴田恭平など、個性的な俳優さんたちが多く出演しているので、なかなか面白い。

たとえば、絵本『ふたりはともだち』というカエルくんとガマガエルくんの友情モノで、とろいカタツムリ(片桐はいり)に手紙を預けたりするところなんて笑える。

また、宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』を5人で群読するシーンはちょっと感動する(今のところ、コレがいちばんよかったかなぁ)。

息子が小学生の時、発表会でよくこの群読を聞いたけれど、ホント迫力あるのだ。ちょっとウルウルとなることもあった。。。

前回の、小学1年生の国語の教科書『くじらぐも』も、子どもと一緒に空想の世界に入っていくところなんか、それまでの主人公からは想像もできない。

私は朗読する側より、聴いて楽しむ方が好きなので、こういう教室に通うことはないけれど、いろんな人と交流するのは魅力的だ。

私もそろそろ今までとは違う何かに挑戦してみたい。

ひとつだけ考えてはいるけれど、時間とかに縛られるのがどうも億劫でなかなか動けずにいる。

ま、気が向いたときに。。。いつか。。。





[PR]
by stevia-herb | 2017-10-11 10:24 | ドラマ・映画・ミュージカル | Comments(0)

お茶好きなフリー翻訳者の気まぐれ日記


by steviaherb