訳者探し

先月、なつかしい段ボール箱から見つけた本。

学生時代、読んだ洋書。
b0289696_13415203.jpg

分厚い本で、価格は当時約25.25米ドル。

当時、先生が「こういう本ってどんな人が訳すんだろうねぇ。どうやったらボクのところに話がくるんだろうなぁ」みたいなことを言っていたのをよ~く覚えている。

で、訳者を探してみると。。。

天満 美智子訳『外国語習得のスキルーその教え方』(研究社出版)。

ほとんど在庫がないので入手できないけれど、訳書を読んでみたかった。

しかし、この訳者の名前を知らないわけではないけれど、当時、今のようにインターネットですぐ情報を得ることができていたらと思うとちょっと残念な気持ちになる。

私が知らなかっただけかもしれないけれど。。。

原書を少し拾い読みすると、自分の書込みがあったりして面白い。

過去を振り返るのも、たまには意味のあることなのかもしれない。

って、なんだか最近、年寄りみたいだ。。。

やっぱり、本屋さんに行って、アガサ・クリスティの本を買おう。

追記:今日、ツイッターを退会。少し気が楽になったな。

[PR]
by stevia-herb | 2017-03-06 13:45 | 読書 | Comments(0)

お茶好きなフリー翻訳者の気まぐれ日記


by steviaherb