ゆき姐は今。。。

眼鏡のレンズもちゃんと替えて、横山秀夫の『ロクヨン』もなんとか読み終えた。

横山秀夫は私の好きな作家のひとりなので、つい読み返したり登場人物を確認したりするので読み終えるのが遅い。

それに、やっぱり私にとって難しい言葉がかなり出てくるので、それをネットであ~だこ~だ調べているうちに脱線したりで、ホント時間がかかる。

そのおかげで2回目はすんなり読めたので、まぁいいけど。。。

で、この前、東野圭吾の新作が出たとか聞いたので、夫に貸していた文庫本を読むことに。。。

読みやすそうなので時間はかからないだろうな。

b0289696_11370705.jpg

他にも読みたい新作があるので、昨日、本屋さんでチェック。

綿矢りさの『手のひらの京』も京都の三姉妹の話で、少しばかり立ち読みしたら、なかなかおもしろく、文庫本が出るのを待とうと思う。

それまでに、東野圭吾の『夢幻花』を読んで。。。と思って本棚を見ると、このイラストが目に入った。

b0289696_11373643.jpg

コレ、実は気に入っている。

また時間を見つけて読んでみようと思うけど、ゆき姐は今どうしているのだろう。

英語ペラペラになって、通訳や翻訳の仕事をしているのかと思ったけれど、ラジオやTVの他に、小学校英語のなんとか指導者の資格を取得したり、デザイナーもしたりで忙しいらしい。

こうしてみると、やはり1回は日本から離れてみるのもいい経験になるみたいだな。

私にもまたそういう機会がくればいいけど。

あ、でも今はジャックと離れることはできないな。

こうやってみると、歳を重ねるたびに動きにくくなるもんだ。

ま、それだけ人生経験を積んだってことでよしとしないとなぁ。。。

あぁ、でももう一度カナダで暮らしたい。

そのためにも貯金しようか。

たまには自分のためにお金を使おう。

[PR]
by stevia-herb | 2016-10-04 10:21 | 読書 | Comments(0)

お茶好きなフリー翻訳者の気まぐれ日記


by steviaherb